母乳が足りない理由は人それぞれ!赤ちゃんに乳を吸わせるのが大切!

 

出産した母親にとっては、我が子に母乳を与えることができるか、できないかは、大きな問題です。

育児をスタートさせるにあたり、まず一番はじめの難関ともいえるかもしれません。もちろん、なんの不安もなく、十分な量の母乳が出る人もいます。でも、中には、母乳の量が足りないというケースも少なくありません。

母乳の量が足りない理由には、さまざまなことが考えられます。

まさに、人それぞれといえるでしょう。まずは、帝王切開で分娩した人です。通常なら、出産に至るまでには、いくつもの段階を経ることになるので、母体もそれに伴って、産後の準備をしていくものです。

しかし、帝王切開は、体にとっては、予期されない事態なので、通常のような準備をすることができないうちに、出産となってしまうと、母乳の準備も整わないということになってしまいます。

そのような場合には、産後にマッサージなどを行っても、あまり効果は期待できないかもしれません。

また、乳腺があまり発達していないような人の場合でも、母乳の出がよくない可能性があります。

そのような時には、とにかく、赤ちゃんに吸わせるようにすることが大切です。赤ちゃんが吸う刺激を受けて、母体でも乳腺が急速に発達してきて、十分な量の母乳がでるようになってきます。

はじめのうちは、赤ちゃんも吸うことになれていないので、うまくいかないということもあるでしょうが、あせらずに続けていくと、赤ちゃんも上手に飲むことができるようになりますし、それに伴って、母乳の量も増えてくることでしょう。

また、母乳が出ないママの育児サポートをしてくれる「ミルニック」を活用するのも良いでしょう。ミルニックは、授乳期に赤ちゃんへママの母乳が出ない、出が少ない、栄養・質の良い母乳を赤ちゃんに届けるサポート健康食品たんぽぽサプリメントです。

出産後の母体は疲労が大きいので、母乳の量にも影響してくるものです。母乳が足りないと感じたら、その理由は人それぞれですから、自分に当てはまる理由はどのようなものなのかを考えてみることが大切でしょう。

その結果、極度に疲労していたり、睡眠不足になっていると気が付いたのなら、疲労回復や睡眠不足の改善に努めてみることが大切です。

とはいっても、他に赤ちゃんの面倒を見てくれる人がいなかったり、上の子供のお世話もしなくてはならないような場合には、休息が必要とはわかっていても、その時間をとることがむつかしいものです。

でも、少しの手間で、そのような時間を確保することができる可能性もあります。

それは、身内などでお世話をしてくれる人がいなくても、自治体のサービスを利用するという手段です。あらかじめ登録しておくことで、自宅にお世話にきてもらうことも可能です。

ただ、人によっては、自宅にお世話してもらう人を呼ぶためには、自宅の掃除や片付けをしなくては気が済まないという人もいることでしょう。

そうなると、結局、疲労が改善することはありません。そのような場合には、日中、預けることができる施設などを利用してみるというのも選択肢のひとつです。

まだ赤ちゃんが小さいうちは、授乳の間隔も少ないので、実際にはむつかしいでしょうが、少し大きくなれば、そのようなことも可能となってきるので、できるだけ、機会を見つけて、利用してみると良いでしょう。

疲労や睡眠不足以外にも、食生活の問題が母乳に直結してくることもあります。

母乳は、母親が摂取した栄養分で作られているものなので、その栄養分に偏りがあったり、栄養が不十分だと、当然、母乳の質が悪くなったり、量が少なくなったりしてしまいます。

ですから、安定した量を保つためには、規則正しい生活と、食生活を続けることが大切です。母乳が出ないママの育児サポートをしてくれる「ミルニック」は、大麦若葉やケール、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、桑の葉など26種類以上の野菜が配合されているので、不足しがちな栄養素をバランス良く補えるのでおすすめです。

甘いものや、油の多い食事は、乳腺が詰まってしまう原因となりますので気をつけましょう。

乳腺炎になると、痛いだけでなく、母乳の出も悪くなってしまいますから、妊娠する前は、ケーキやお菓子など甘いものが好きだったり、毎日のように飲酒していたような場合でも、授乳中は、それらの食べ物はなるべく控えるようにするのが赤ちゃんにとっても重要なことといえるでしょう。

母乳が足りない理由は人それぞれなので、自分に当てはまる原因に合わせて対処すると同時に、あまり深く悩まないようにしたいものです。

最近は、インターネットで検索すれば、実にさまざまな情報をあつめることができます。

それらの情報は、とても有効で頼りになる内容も多いのですが、なかには、かえって不安にさせたり、必要のないような情報まで知ることになってしまって、その結果、悩みが増えてしまうことにもなりかねません。

また、育児書でも、他人の意見でも、自分にとってプラスになることもあれば、マイナスになる可能性もあるということを、はじめから知っておくことが大切です。

もし、母乳が足りないのであれば、粉ミルクを飲ませるということは、賢明な選択といえます。

完全母乳育児にこだわって、粉ミルクを受け付けないような頑なな考えでいると、自分で自分を追い込むことにもなってしまいますのでおおらかな気持ちで育児に臨みたいものです。